尿漏れに悩む全ての女性に向けた情報~サクサク解決問題改善~

医者

PSAの数値と前立腺がん

悩み

埼玉の泌尿器科の病院でPSA検査を受けることによって、自覚症状がほとんどない前立腺がんを早期発見することができる。50歳を過ぎた男性は、定期的に埼玉の泌尿器科で、PSA検査を受けることが望まれる。PSA検査は、前立腺肥大症や前立腺の炎症についても早期発見することが可能である。

この記事を読む

尿が漏れることを理解する

看護師

下半身が弱まり、O脚気味の女性というのは尿漏れになりやすい。若くして尿漏れを発症する女性も多く、生活習慣を見直す必要がある。腹圧性と切迫性が混合した尿漏れがある。混合型は閉経後の女性に多く見られれる。専門医に相談して治療を受けるべきだ。

この記事を読む

尿がいきなり漏れる症状

男女

尿漏れは、何の前触れもなく尿が漏れてしまう症状です。人前でもらしてしまう可能性もあるので、とても恥ずかしい思いをします。病院での治療方法は、骨盤底筋体操、電気刺激療法による治療が有効と考えられています。

この記事を読む

病気に対する向き合い方

尿漏れや尿失禁は女性に起こりやすい症状の1つです。症状にはいくつかの種類があります。症状に合わせて治療を行ないましょう。

今後

悩み

女性の社会進出とともに、尿漏れを治療しようとする女性患者が増えています。妊娠や出産などをきっかけとして尿漏れを発症することも多いため、生活の質を下げないようにと診療を受ける方が増えてきているのです。これに伴い、女性だけの泌尿器科もふえてきています。今までは男性患者が多いという印象が強かった泌尿器外来でしたが、このような取り組みによって女性でも利用しやすいような環境に少しずつ改善されています。また、尿漏れ患者の増加に伴い、尿漏れ対策用のグッズが数多く販売されるようになりました。ライフスタイルに合わせてうまく尿漏れと付き合っていけるようなものがたくさん販売されていることから、生活上での不安解消にも繋がっています。

日頃の習慣

多くの女性が運動不足であることから、骨盤や内蔵を支えている骨盤底の筋肉群が衰えてしまい、ふとした衝撃によって尿がもれてしまうなんてことが起きやすくなりました。このような状態を放置していれば尿漏れの症状は悪化してしまいます。尿漏れを少しでも解消するためには骨盤底筋トレーニングなどを行うべきですが、どのような場合でも、まずは専門医のもとで診療を受けることが望ましいです。尿漏れにもさまざまなタイプがありますし、治療法も異なります。骨盤底の筋肉を鍛えても改善されないケースもあるので、医師の判断に任せることが大切なのです。もちろん、日頃から尿漏れの改善のためにとトレーニングすることは良いことですし、意識して生活することは治療のためには重要なことです。